copulaまとめ 前編

中高時代から好きな音楽ゲームです。たかがゲームといえばそれまでですが、音楽ゲームは基本的に身体の動きを伴い、極めていけばスポーツの個人競技に通ずるものがあります。DDRがわかりやすいですね。ビートマニアでは7つのボタンとスクラッチをデバイスを手や指で操作します。(次回のエントリで書きますが突き詰めればピアノに近い全身運動です)

ビートマニア(現行バージョンはbeatmaniaIIDX 23 copula)は間もなく登場から20年経つゲームですが、当初はボタンは5つでヒップホップなクールさから、ボタンは7つとなり(鉄道がサブテーマであるのに某地下鉄鉄道キャラ以上に叩かれかねない)キャラクターの萌えアピールや、それを狙ってます系な楽曲ばかりで魔進化を遂げました。とはいえ1/3ほどの楽曲はガチと感じるものであり、なんとか面目保っているようです。。以下のような曲とか。

 

本日は現行バージョンが最終日です。1年間、会社帰りに息抜きとはいえ相当な回数プレーしましたので、この経験を残さないのは無駄になってしまうのでここに記すことにしました。2回に分けて書きますが今回は作品そのものの感想。次回は今作稼働期間の努力寄りのお話です。 ただし、専門用語が飛び交う内輪な世界ですので。このゲームがわかる人向けの内容になるのはご容赦下さい。以下に記します。  

続きを読む